475507
あさや〜んの掲示板

[掲示板トップに戻る] [ホームページに] [サブページに]


洋ランフェアー2018名古屋(フラリエ)2018/03/30(金曜)

洋ランフェアー2018名古屋(フラリエ)

 *洋ランフェアー2018名古屋* 蘭の愛好家による多彩な洋ランの展示、即売。珍しいサルの顔に見えるモンキーオーキッドも展示。同県東海市の園芸農家が栽培した約10種40鉢を並べている。愛知県などの園芸会社12社が主催。いずれも中南米原産で、訪れた人たちは足を止めて、花にじっくりと見入っていました。



名古屋市昭和区・香積院(こうじゃくいん)・しだれ桜 2018/03/27(火曜)

名古屋市昭和区・香積院(こうじゃくいん)・しだれ桜

 名古屋市内で桜が一番早く見頃となる場所で、テレビなどでも真っ先に紹介される場所です、ここの桜は毎年3月下旬頃、名古屋市内の桜開花に先がけ満開となります。 この一本の桜の立ち姿を見ようと毎年大勢の人が見物に訪れます。例年ですとこの時期は梅の花が終わっているのですが今年は梅の開花が遅れて同時に見られましたね!!



東山植物園・3月上旬 2018/03/27(火曜)

東山植物園・3月上旬

 3月の上旬ですが、2月末から急に暖かくなり、遅れていた梅やツバキ早咲の桜などの色々な花が一斉に咲き始めました、野の花では雪割草やカタクリ、ショウジョウバカマなどが咲きだしました。又桜の開花情報があちら此方で聞かれ、昨年よりも9日も早く開花宣言が出され、今年は入学式前までに終わってしまいそうです。



名古屋市農業センターしだれ梅まつり2018/03/18(日曜)

名古屋市農業センターしだれ梅まつり

 今年の「しだれ梅まつり」ははちょっとおくれぎみで、(平成30年2月28日現在)開花状況は『咲き始め』です。
まだつぼみも多いですが、指導館と竹林の間のエリアは咲き始めています。開花状況は『三分咲き』です(平成30年3月2日現在)。開花状況は『五分咲き』です(平成30年3月6日現在)。開花状況は『七分咲き』です(平成30年3月7日現在)。開花状況は『満開』です(平成30年3月10日現在)。開花状況は『満開』です(平成30年3月10日現在)。つぼみの木もありますが、多くの木が満開です。開花状況は『満開』です(平成30年3月12日現在)。白色のしだれ梅も見頃を迎え、さらに華やかになりました。
私は再度3月12日にいきましたが、最初に咲いた頃のは散ったり、ピンク系の花はくろずんだりで、もう終わりの感じでしたね。



第7回前田利家・荒子梅苑梅まつり2018/03/18(日曜)

第7回前田利家・荒子梅苑梅まつり

 荒子公園はどちらかというと荒子観音が有名で、公園は観音の敷地土地続きになっています。昔はこの地に荒子城があり、前田利家の生誕地でもあります。荒子城は前田蔵人利昌(利春)が織田家より荒子の地二千貫を給されて築城したもので、尾張前田家発祥地である前田城から移ったことに始まり、天文十三年(1544)のこととされている。
前田家の家紋”梅鉢”にちなみ、一帯の住民らでつくる「前田利家・荒子梅苑を育てる会」の主催で、荒子公園に梅の木が植えられ、梅まつりが開かれています。ここの梅の木は梅の苗でなく大きな梅の木をもってきて植え付けたので結構大きな木が植えてあります。 今年は梅の開花が遅れていたのですが、ここ数日の暖かさで一気に咲いたと言って見えましたね!!



第44回名古屋城つばき展 2018/03/12(月曜)

第44回名古屋城つばき展

 恒例の椿展が開催されましたので、早速行ってきました.今年は昨年10月ごろの天候不順や3月になってもまだ寒くて、何処も椿などが遅れ気味でした。 今回は、「尾張のつばき」(−中京の椿−)をテーマとした展示で、愛知・名古屋を中心に三重(伊勢)や岐阜(美濃)の椿を総して中京(中部)の椿とよびます。 また、東の丸庭園の椿は今年咲くのが遅れて殆ど咲いてなかったです、梅は例年ですと終わりに近いのですが今年はまだこれからという感じですね、特に白の梅はまだまだ蕾が多かったです。他に大寒桜や寒緋桜、山茱萸などまだつぼみでしたね。



東山植物園・2月上旬〜下旬 2018/03/12(月曜)

東山植物園・2月上旬〜下旬

 2月ですが、例年では上旬には早咲きの梅が開いていましたが今年は下旬になってやっと気温が上がり咲き始めました。2月中旬になってからはクリスマスローズや福寿草が下旬では、セリバオウレンやキクザキイチゲなども咲き始めていました。
梅や椿などが咲き始めて、今年は何処も花が咲くのが遅れ気味です。また動物園ではコアラの親子が気温が上がったせいか活発に動き回って、まししたが、そろそろの親離れの時期で、チンパンジーは親が隠してしまいなかなか撮影が大変でしたが、
最近は親の背中やお腹につかまっていることが多いので、何とか撮影ができましたがそれも入口からチンパンタワーに上るまでの間ですね。



◆陶のまち 瀬戸のお雛めぐり◆2018/03/01(木曜)

◆陶のまち 瀬戸のお雛めぐり◆

メイン会場の瀬戸蔵に登場する高さ4mのピラミッド型巨大ひな壇「ひなミッド」には、約1000体の陶磁器やガラスの創作雛が
ところ狭しと飾られ、まさに圧巻のボリューム!
地上絵:瀬戸焼の茶わんや皿、鉢など約2千個を組み合わせたお雛(ひな)さまの「地上絵」が展示されている。今年の干支(えと)の「戌(いぬ)」をモチーフにしたユニークな表情が訪れる人の目を楽しませている。
イベント期間中、さまざまなお雛さま作りが体験できるほか、街中いたるところで華やかなお雛さまに出会えます。
・瀬戸では色々な場所でお雛様が飾られていますが、私は旧家の方が場所がなく古民家などを借りて出されているのかと思いまましたが。此処にあるお雛さんは瀬戸のコレクターの方が所持されているもので、享保雛には明治の初めに東北の佐竹藩から購入と書かれていたとか、 当時の雛道具ですが現在のもはプラスチックですが、当時のもはこの小さな道具に蒔絵をかいたり、漆が塗ってあるのですが今でも奇麗な色形をしていますね。又雛道具にはその家の門がついているのですが売る場合には紋を消して売りに出されたとかですね。コレクターさんが展示されているのは、古民家・久米邸、旧川本桝吉邸、旧原田写真館等です。



マリオット&ノリタケ2018/02/23(金曜)

《 マリオットアソシアホテル・吊るし雛飾り他 》

「雛のつるし飾り」が今年もロビーに登場しました!「雛のつるし飾り」は初節句を迎える娘の健やかな成長と良縁を願い、江戸時代の後期から伝わる時節の伝統装飾。ふくろう「不苦労(=幸福)」や、さる「(厄が)去る」など、いずれの飾りにも意味が込められています。 とっても華やかな雰囲気で、撮影スポットとしても人気です、これは、大治町文化協会に所属する「雅の会」の皆さんが、未来ある子供たちの成長を願い、たくさんの方々から寄贈された古い着物をもとに、一針一針、心を込めて作ったものです。
展示期間 2018年2月3日(土)〜3月3日(土)




《 ノリタケの森・世界最大級・大親王揃展示他 》

 開催期間:2018年1月 3日(水)〜2018年4月 1日(日) ノリタケの伝統的な技術と技能を活かした世界最大級の「陶雛」。 ボーンチャイナ製の親王揃(座雛)で、高さが男雛67cm、女雛55cmあります。その優美な姿をぜひご覧ください




《 ノリタケの森・ワタノハスマイル展 》

 ノリタケの森ギャラリー(名古屋市西区)にて、2月6日(火)〜12日(月)「ワタノハスマイル展」を開催。 「ワタノハスマイル展」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災した宮城県石巻市渡波(ワタノハ)地区の子ども達と造形作家・犬飼ともさんがガレキで作ったオブジェを紹介する展覧会で、ノリタケの森ギャラリーでの開催は今回が5回となります。 津波で被災した小学校の校庭に流れ着いたガレキは、どれも大切な記憶のつまった「町のカケラ」でした。子ども達はそれらを自由に組み合わせ、ユニークで楽しいオブジェを生み出しました。作品には子ども達のたくましい想像力とたくさんの笑顔がつまっています。 ぜひ多くの方にご覧いただき、東北復興への想いを更に深めていただければ幸いです。



名城公園「梅まつり」2018/02/18(日曜)

名城公園「梅まつり」

・東海で一番早い梅祭りですが、ここでは大きな梅を根っこごと持ってきて館内で温度を上げて一気に咲かせています、
館内に15種類40本の梅の木を集めて梅林を特設し、温度を20度前後に保ち、まつり期間中に見ごろを迎えるように調整。
今年は建国記念日の振り替えが月曜日でしたので、例年より1日遅く始まり9日(金)〜12日(月)と1日の遅れで始まりました、土曜日に行ったのですが、まだ梅が咲いてないかなと思って行きましたが、今年は咲くのが早いみたいで殆どが満開状態でしたね。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m66 :Edit by Yamamoto -
- Rental by tatunet -